ICTを活用した子育て支援で地方創生!

ICTを活用した子育て支援で地方創生!

 出生数は1899年に統計を開始して以来、 2016年にはじめて100万人を割り込む結果となり、晩婚化、晩産化、核家族化など、子育て環境は大きく変化しています。国では「子ども・子育て支援新制度」をスタートさせ家庭や子どもに寄り添った総合的な子育て支援を推進しており、経済的な負担や不安、孤立感を和らげる地域社会のあり方が重要視されています。
 こうした社会背景を受け、子育てしやすいまちづくりの支援策としてICTを活用した母子手帳アプリによる支援が、期待されています。
 ※厚生労働省 平成28 年(2016)人口動態統計の年間推計より

母子手帳アプリ『母子モ』でライフステージに合った切れ目のない支援を実現

母子手帳アプリ『母子モ』でライフステージに合った切れ目のない支援を実現

 母子手帳アプリ『母子モ』は、紙の母子手帳と平行してご利用頂くサービスです。導入により、自治体が発信した情報が住民の手元に届きやすくなり、地域の新たなコミュニケーションの機会を増やします。また成長記録の共有が簡単なため、夫婦・家族の子育て参加を促すことができます。子育て世代が抱える孤独や不安を解消することで、母子保健サービスの向上、出生率向上へ貢献します。
 『母子モ』はICTを活用した新たな子育て支援策として、妊娠中から出産、子育てまで全てのライフステージに合わせ、切れ目のない自治体サポートを実現します。

母子手帳アプリ『母子モ』導入自治体インタビュー【龍ケ崎市】


導入をご検討されている行政職員のみなさま・自治行政を担う議員のみなさま

資料請求 デモ環境の開発・お見積り依頼 導入実績・効果 サービス活用事例 サービス企画 など
お気軽にお問い合わせください 担当よりご連絡差し上げます
お問い合わせはこちら
※お電話でのご連絡:050-2018-0936(平日9:00-17:30)

導入事例

導入済み自治体

2015年3月より導入運用を開始!
導入済み、導入予定自治体数は約100以上!

【北海道・東北地方】
北海道:石狩市、江別市、遠軽町、大空町、音更町、上ノ国、小清水町、猿払村、士幌町、当麻町、仁木町、稚内市
●青森県:六戸町 ●秋田県:八郎潟町 ●岩手県:一関市 ●山形県:長井市、東根市、村山市 ●宮城県:大河原町、栗原市、山元町
●福島県:会津若松市、猪苗代町、喜多方市、郡山市、須賀市、塙町、三春町、矢祭町
【関東地方】
●茨城県:稲敷市、大洗町、境町、大子町、ひたちなか市、龍ケ崎市
●群馬県:上野村、前橋市 ●千葉県:柏市、木更津市、富津市、船橋市、松戸市 ●埼玉県:ふじみ野市 ●東京都:稲城市、葛飾区 
●神奈川県:愛川町、伊勢原市、大井町、大磯町、開成町、鎌倉市、相模原市、寒川町、逗子市、中井町、二宮町、箱根町、秦野市、葉山町、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、松田町、山北町、湯河原町、横須賀市
【中部地方】
●新潟県:出雲崎町、弥彦村 ●富山県:朝日町、南砺市 ●長野県:千曲市、白馬村
●山梨県:甲府市、忍野村、西桂町 ●静岡県:磐田市、函南町、三島市、焼津市、吉田町 ●岐阜県:可児市、高山市、美濃加茂市 ●愛知県:大府市、美浜町
【近畿地方】
●三重県:四日市市 ●兵庫県:篠山市、播磨町 ●大阪府:泉佐野市 
●奈良県:生駒市、天理市、三宅町 ●和歌山県:海南市 
【中国・四国地方】
●岡山県:美作市 ●鳥取県:北栄町、湯梨浜町  ●広島県:福山市、三次市
●香川県:坂出市、さぬき市、高松市 ●愛媛県:西予市 ●高知県:南国市
【九州・沖縄地方】
●福岡県:那珂川町、行橋市、吉冨町 ●長崎県:平戸市
●佐賀県:唐津市、白石町 ●大分県:臼杵市 ●宮崎県:都城市
●熊本県:長洲町 ●鹿児島県:姶良市、薩摩川内市 ●沖縄県:南城市

エムティーアイが提供する母子手帳アプリ『母子モ』

エムティーアイが提供する母子手帳アプリ『母子モ』の機能とその役割についてご説明します。

自治体から最適なタイミングで情報発信!妊娠・出産・子育てを地域で支援する社会の実現をサポート
その1
自治体から最適なタイミングで情報発信!
妊娠・出産・子育てを地域で支援する社会の実現をサポート

自治体から提供される各種制度・サービスの案内を自動で配信し、母親やその家族はスマホでプッシュ通知を受け取れます。地域で行っているイベント告知やアンケート募集機能もあり、子育て関連施設の検索もできます。
今までの子育て情報の発信に加え、妊娠中や予防接種時など、ターゲットにとって必要な情報を絞って送れるので、今まで届けられなかった層にもアプローチが可能となり、住民とのコミュニケーション機会の増加、質の向上に貢献します。

アラート機能で予防接種の受け忘れがなくなります!
その2
アラート機能で予防接種の受け忘れがなくなります!

各自治体で目標になっている予防接種率の向上や、接種事故の減少(接種時期/間隔/受け忘れの防止)に効果的で、地域医療の利便性向上に役立ちます。

  • 標準予防接種日/乳幼児健診の自動スケジューリング
  • 受け忘れ防止アラート機能のお知らせ
  • 予防接種の種類と地域の接種可能病院の検索
子育て記録が共有でき、夫婦、家族の子育て参加を促します!スマホ・PCで簡単、成長記録!災害時のバックアップにも
その3
子育て記録が共有でき、夫婦、家族の子育て参加を促します!
スマホ・PCで簡単、成長記録!災害時のバックアップにも

仕事と家庭の両立など忙しい子育て世代が、紙の母子健康手帳ではカバーできない部分の補助として利用できます。
厚生労働省の母子健康手帳様式などを元に作成した「できたよ記念日」では、スマホで撮影した写真と一緒にコメントを記録でき、母親から父親、祖父母へも簡単にデータが共有できます。
家族など周りの子育て参加が促され、母親の孤独感、不安の解消が期待できます。
万が一母子健康手帳を無くしたときのバックアップとしても便利です。

  • 妊娠中の体調・体重記録(自動グラフ化)
  • 胎児や子どもの成長曲線・体調記録(自動グラフ化)
  • 健康診断情報:妊婦や子どもの定期健診データを記録
母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して出産・子育てできる環境づくりを目指し、
子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

導入をご検討されている行政職員のみなさま・自治行政を担う議員のみなさま

資料請求 デモ環境の開発・お見積り依頼 導入実績・効果 サービス活用事例 サービス企画 など
お気軽にお問い合わせください 担当よりご連絡差し上げます
お問い合わせはこちら
※お電話でのご連絡:050-2018-0936(平日9:00-17:30)

プレママ、ママの声

Q.自分が暮らす自治体を選ぶときに重視すること

Q.自分が暮らす自治体を選ぶときに重視すること

母親たちが自分が暮らす市区町村を選ぶときもっとも重要視するポイントは「7割以上が子育て支援の充実!!」

Q.自分が暮らす自治体に電子母子手帳を導入してほしいか

Q.自分が暮らす自治体に電子母子手帳を導入してほしいか

自分の暮らす自治体に電子母子手帳の導入について「6割以上が導入希望!!」

●調査時期:2016年4月6日(水)~4月11日(月)
●調査方法:インターネット調査
●調査対象:母子手帳を持ちスマートフォンを利用している妊娠中の女性400人と長子が4歳未満の子どもを持つ母親720人、合計1,120人


母子モ通信バックナンバー

母子モでは、子育て世代の声をお届けする「母子モ通信」を発行しています。

母子モ通信vol.1 PDFpdf
母子モ通信vol.2 PDFpdf
母子モ通信vol.3 PDFpdf


導入をご検討されている行政職員のみなさま・自治行政を担う議員のみなさま

資料請求 デモ環境の開発・お見積り依頼 導入実績・効果 サービス活用事例 サービス企画 など
お気軽にお問い合わせください 担当よりご連絡差し上げます
お問い合わせはこちら
※お電話でのご連絡:050-2018-0936(平日9:00-17:30)

アプリの詳細やアプリのダウンロードなど
サービスページにてご確認ください

電子母子手帳に関するニュースリリース