エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県名取市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県名取市にて本導入され、『子育てアプリ なとりっこ』として6月1日(火)より提供を開始します。  宮城県の南東部に位置する名取市は、豊かな自然に恵まれて「閖上赤貝」や「仙台せり」などの特産品を有し、東北最大規模の史跡「雷神山古墳」などの文化遺産が数多く存在する、自然・歴史・近代が融合したまちです。  同市では、「未来へつなぐ 子どもが笑顔で育つふるさと...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が三重県東員町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が三重県員弁郡東員町にて本導入され、『子育てほっと-いんふぉ❁ピオニー』として6月1日(火)より提供を開始します。  三重県の北部に位置する東員町は、稲作を中心とした田園が広がるなど自然環境に恵まれ、また「子ども歌舞伎」など歴史が感じられる伝統文化を引き継ぐ、豊かな自然と歴史・伝統が魅力のまちです。 同町では、「子どもの未来を育むまち...

CLIPLA × EZCap 耳鼻咽喉科向けクラウド電子カルテ 『CLIPLA ENT(クリプラ エント)』の販売を開始!

 株式会社エムティーアイ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:前多 俊宏、以下「当社」)の連結子会社である、株式会社クリプラ(本社:東京都新宿区、代表取締役:鐘江康一郎、以下「クリプラ」)と、株式会社スリーゼット(所在地:東京都千代田区、代表取締役会長:堀口...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県土浦市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県土浦市にて本導入され、『つちまるKids』として5月10日(月)より提供を開始します。  茨城県の南部に位置する土浦市は、東には日本で第二の広さを誇る湖の霞ヶ浦、西には万葉の世から明峰と謳われた筑波山があり、水と緑に恵まれた歴史と伝統のあるまちです。  同市では、「子どもの笑顔があふれるまち 土浦」をキャッチフレーズに、教育・保育及び地域の子育て支援の充実や、健やかな子どもの成長を支えるための環境づくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆幅広い子育て支援が充実する茨城県土浦市で『母子モ』の提供を開始!  土浦市では、妊娠期から子育て期にわたるまでの様々なニーズに対して総合的に相談支援を実施するワンストップ拠点として「子育て世代包括支援センター」を設置し、妊娠・出産・子育ての切れ目ない支援を行っています。センターでは、助産師や保健師、子育て支援コンシェルジュといった専門職員が妊娠・出産についての悩み相談や子育てに関するアドバイスを行い、一人ひとりのニーズに寄り添った支援を提供しています。  また、産婦健康診査、新生児聴覚検査の費用助成や産後ケア事業、子育て親子の交流の拠点として、児童館や子育て交流サロン、地域子育て支援センターを開設するなど,多方面から様々な子育て支援を行っています。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  茨城県土浦市に採用された『つちまるKids』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <茨城県土浦市 安藤 真理子市長からのコメント>  茨城県土浦市では、「子どもの笑顔あふれるまち 土浦」の実現を目指し、子育て支援に関する各種事業に取り組み、妊娠・出産から子育てまで切れ目ないサポートを行っております。  このたび、子育て支援をさらに充実させ、子育て世帯が楽しく子育てできるよう、子育て支援アプリ『つちまるKids』の提供を開始しました。ぜひ多くの皆様にご利用いただきたいと思います。  今後も、未来を担う子どもたちを安心して育てることができるまちづくりに取り組んでまいります。   <『つちまるKids』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が山形県鶴岡市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が山形県鶴岡市にて本導入され、『つるおか子育てアプリ』として5月10日(月)より提供を開始します。  山形県の西部に位置する鶴岡市は、古来より山伏たちの修行の地として巡礼される「出羽三山」や、江戸時代に鶴岡藩として栄えた城下町の雰囲気を色濃く残し、藩校建造物などの文化財を有する、歴史と伝統の息づくまちです。  同市では、子ども・子育て支援の推進にあたり、「恵まれた豊かな自然と、歴史と伝統ある文化を生かし...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県南三陸町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県本吉郡南三陸町にて本導入され、『みなみさんりく子育てアプリ』として5月7日(金)より提供を開始します。  宮城県の北東部に位置する南三陸町は、悠久の年月を経て形成されたリアス式海岸特有の豊かな景観を有し、また、山間には日本の原風景を思わせるのどかな田園風景が広がるなど、豊かな自然に満ち溢れたまちです。  同町では、「子どもと家族の未来をともに描けるまちづくり~子育て・親育ち HAPPY♥コミュニティ~」を基本理念として、地域社会全体のなかで子どもが明るく健やかに育ち、親もともに成長できるよう様々な支援を実施しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域社会全体で子育てをサポートする宮城県南三陸町で『母子モ』の提供を開始!  南三陸町では、子どもが生まれたすべての家庭に保健師が訪問し、新生児の状況を把握するとともに、様々な不安や悩みを聞き、相談に応じる「新生児訪問」や、町内3カ所の子育て支援センターで、育児相談や年齢別親子遊び、育児講座・育児トークを行うなど、子育て家庭の不安や悩みに寄り添い、地域社会全体で子どもを育てる環境づくりに取り組んでいます。  また、少子化対策の一環として、第1子に3万円、第2子に5万円、第3子以降に10万円分、さらに、小学校入学を予定する児童を対象に一律1万円分の「南三陸町子育て世帯応援券」の支給に加えて、18歳以下の子どもを対象に、医療費の自己負担分を助成するなど、子育て世帯の経済的負担の軽減策も充実し、安心して子育てができる体制が整っています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  宮城県南三陸町に採用された『みなみさんりく子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <宮城県南三陸町 佐藤 仁町長からのコメント>  南三陸町では、「森里海ひと いのちめぐるまち 南三陸」を目指し、快適でいきいきと暮らせるまちづくりを進める中で、子育て支援に係る環境整備や支援体制の充実を推進してまいりました。  このたび、妊娠期から子育て期に必要な情報を、スマホで確認できる情報発信サービス『みなみさんりく子育てアプリ』を提供することになりました。  知りたい情報をタイムリーにお届けしますので、これまで以上に皆様が安心して出産・子育てできる環境をサポートしてまいります。   <『みなみさんりく子育てアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が長崎県佐世保市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が長崎県佐世保市にて本導入され、『子育て応援アプリ させぼっ子ナビ』として4月23日(金)より提供を開始します。  長崎県北部に位置する佐世保市は、佐世保流にアレンジされた「佐世保バーガー」が有名で「ハンバーガー伝来の地」とも呼ばれ、また「世界で最も美しい湾クラブ」に認定された九十九島を持つ、食や自然の魅力溢れるまちです。  同市では、「第2期新させぼっ子未来プラン~”キラッ人”で子育てしやすいまちづくり~」を子育て支援のテーマとし、安心した子育て環境や子育てのサポートを地域全体で支える取組みを図っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、380以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆まち全体で子育てを考え、協力し合う長崎県佐世保市で『母子モ』の提供を開始!  佐世保市では、不安や悩みの多い妊娠期から乳幼児の子育て期の家族が、安心して過ごせるようにサポートする「ままんち...

エムティーアイ、全従業員向けに妊活の基礎知識セミナーの開催と 『ルナルナ オンライン診療』を活用した「オンライン不妊相談」の実証を開始!

 株式会社エムティーアイ(以下、「当社」)は、全従業員を対象に、産婦人科医による「妊活の基礎知識」セミナーをオンラインで開催し、将来子どもを持つことを希望する社員が今後のキャリア形成を考えるきっかけを促すとともに、会社全体の「妊活」や「不妊治療」に対する知識向上を図ることで、長く安心して働き続けられる職場づくりを推進します。  また本セミナーの開催に合わせ、女性の健康情報サービス『ルナルナ』と当社のグループ会社である株式会社カラダメディカ(以下、「カラダメディカ」)※1が提供する、産婦人科向けオンライン診療システム『ルナルナ...
1 2 3 4 5 81